もみじが色づく季節ですネ。

去る9月20日に私の故郷、広島県竹原市で「竹原寄席」の催しが有ったので楽屋の仲間の協力を得て無事終わり、27日、28日が「憧憬の路」と言う市のイベントが有りましたので、その中で私の独演会をする事になっていたのでそのまま29日迄竹原で過ごしました。竹原は安芸の小京都と言われる古い町並みが自慢で、昔塩田で栄えた町人文化がそのまま残り、頼山陽ゆかりの家もその中に現存しています。その町並みに夜、竹の中に5,000本のロウソクを灯すのが今回のイベントで、市役所の人をはじめ大勢の人が協力したかいがあって、闇の中に古い家並みが浮き上がり、それはそれは幻想的な「憧憬の路」が現れました。憧憬とは憧れと言う意味があるそうです。前もって各メディアで宣伝していたので近郊近在の町からも人が集まり、そぞろ歩いて久方振りに竹原の街が活気を取り戻して、「これを竹原の名物の祭りにしたら」と言う声をたくさん聞きました。そのイベントの有る二日間の昼。1時半と4時半に二席ずつ計八席の独演を催しました。落語に馴染みの薄い土地柄だから、一回50人として200人が来てくれれば良いと思っていたから四回で倍の400人以上の来場で嬉しい誤算でした。場所は200年近く経つ酒蔵で「素人鰻」、「寝床」、「景清」、「船徳」、「権兵衛狸」、「しびん」、「馬のす」、「悋気の火の玉」を演りました。じっくり聞けば古典落語はどこで演っても判って頂けます。又こんな機会を作って竹原へ帰りたいと思います。九十になるおふくろもお陰様で元気だし、同級生にも逢えますから。

十月、今月は二十回を迎える昭和大学名人会が19日です。文治、小遊三、さん喬、左楽、他多数出ます。私が主任を取る予定です。27日は色々とお世話になっているハンドレットクラブで独演会。出し物は「素人鰻」。

一生懸命勤めます。                           

                  

2003年 10月19日    六代目 柳亭左楽        

  

10月19日(日):  ごあいさつを更新しました。

興行日程を更新、昭和大学名人会の情報をアップしました。

10月12日(日):  10,000ヒット致しました!いつもありがとうございます!

 

10月19日()  第20回 昭和大学名人会 

二十周年記念公演

桂 文治、 三遊亭小遊三、 柳家さん喬、 柳亭左楽、 ほか多数

詳細は、興行日程に掲載中です。皆様のご来場をお待ち申し上げます。

 

昨年11月22日(金)の松本落語会での模様はこちら!

第321回定例会  「愉快快快金の鍔福の神が来る恵比寿講」

出演: 柳亭左楽 金原亭小駒

松本落語会様のホームページより抜粋させて頂きました。

2002年12月14日(土)相互リンクさせて頂きました。

 

今後、写真を集めたページ、(仮)写真館を建設予定です。

 

皆様に寄席を楽しんで頂けるように、出来るだけ情報をお伝えしていきます!

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

 

 当サイトはWindows2000 SP4、Internet Explorer6.0 SP1にて動作確認、管理をしております。画面領域の設定は、1,024×768ピクセル、文字のサイズ 小 以上(中)で最適化しております。 Windowsをお使いの方は、Internet Explorer4.0以上(5.0以上推奨)にて、 Macintoshをお使いの方は、Netscape Navigator4.7以上(6.2以上推奨)にて御覧頂く事をお勧めします。以上のOSと逆のブラウザで御覧頂いた場合、サイトのイメージ、及びテキスト等、正しく表示されないことがあります。

  当サイトで使用する全ての画像およびテキスト等の無断転載・ 掲載は固くご遠慮願います。                                            


Copyrights©2001-2003 RYUTEI-SARAKU.COM All Rights Reserved.
Produced By PRNC,JO1ZVW